上手なお金の使い方!
もしもの時に、貯金は役に立つのか?

「もしもの時のためにお金を貯金しておけ」と、
私などは周りから教えられてきましたが、みなさんはどうでしたか?

今思うと、本当に「もしもの時」に貯金が役に立っているのでしょうか。

たとえば、
・死
・難病にかかる
・事故による大けが
・会社の倒産、失業
・家が火事になる
など

こうしたことは、どれも「もしもの時」と呼ばれる出来事です。

お金 使い方

「もしもの時」に貯金は役に立つのか?

たとえば「死」です。

これぞ代表的な「もしもの時」ですが、
死んでしまっては貯金が何の役に立つのでしょうか。

役立たないどころか、貯金の額によっては、後に残された人たちの間で、
財産の振り分けによるいざこざのもとにもなりかねません。

風邪などの病気の時は、どうでしょうか。

風邪をひいたくらいなら大金は不要ですし、ささいな病気くらいなら、
さほどお金はかかりません。
地元の医者にかかるなり、薬局で売っている医薬品で事足ります。

しかし一方で手術をするとなったら、
少々お金を貯めたところで足りるものではありません。

保険に入っていればそれで賄えますが、
もし入っていなければその貯金で足りるような金額ではありません。

大きなお金が必要です。

会社の倒産、失業、家が火事になることも同じです。
ただごとではないため、チマチマした貯金で賄えるレベルではありません。

生命保険や失業保険、火災保険に入っている方が、
貯金よりよほど懸命なお金使い方だと思います。

お金 使い方

上手なお金使い方

世間では、「もしもの時のために貯金をしておけ」とよく言います。
しかし、本当に「もしもの時」に、お金は必要なのでしょうか。

「もしもの時」には、多少の貯金程度で足りるような金額ではなかったり、
お金を使いたくても使えなかったりといった状態なのです。

「もしもの時」という事実はたしかに存在しますが、
実際は「もしもの時」にお金は活躍できないし、させられません。

本当の「もしもの時」は、それどころではないからです。

まずはこの事実をしっかり心に留めておきましょう。
そうすると、お金はどう使えばいいのかという「本当のお金使い方」が見えてきます。

日頃から、病気やけが、健康に気をつけた毎日を心がけるためにお金を使うことです。
入院してからでは巨額のお金が必要ですから、日々の健康に気を使い、
予防という形でお金を使っていく方が懸命です。

フィットネスクラブや水泳教室へ通い、健康のためにお金を使ったり、
栄養のあるおいしい食事のためにお金を使ったりするのです。

運動をしたり、栄養面にお金を使ったりすることは、
けがや病気の予防策としてとても大きな効果があります。

お金 使い方

病気やけがをしてからお金を使うのではなく、
そうならないようにお金を使うことが重要なのです。

会社をクビになることにびくびくした毎日を送るくらいなら、
日頃から自分磨きのためにお金を使うことです。

「もしもの時」が来ないように、今お金を使って予防していれば、
何も恐れることはありません。

健康のためにお金を使うということは、上手な使い方の一つです。

「もしもの時」のために貯金をするのは、無意味なこととは思いませんか?



私が展開するMLMビジネスの仕組みをご案内します

マンガネットワークビジネス入門

※音量を調節してご視聴ください

ネットワークビジネスを学ぶには多少の時間がかかります。

しかし、これを「最大の参入障壁」と捉える事が出来る人は

ネットワークビジネスで成功する人です。

短期で稼げるビジネスには落とし穴があります。

あなたは将来にわたる権利収入を得たいとは思いませんか?


動画版人生を変える扉


a:376 t:1 y:0