ネットワークビジネスで「てこの原理」が働くとは?

ネットワークビジネスでよく「てこの原理」が言われます。

どんな関係があるのでしょうか?

ネットワークビジネス

てこの原理」とは、小さな力で大きな力を生み出す物理学の理論のこと。

小学校の時に学んだ、あの「支点・力点・作用点」のことです。

ネットワークビジネスで言えば、1ヶ月に一人を勧誘&教育する活動を続けたら、
1ヶ月後に自分を含めて2人に、
2ヶ月後に自分を含めて4人に、
3ヶ月後に自分を含めて8人になります。

これが続くと凄いことになります。

自分と勧誘した人の力が「力点」で、得られる報酬が「作用点」と考えることができます。
(では「支点」は何かな?ネットワークビジネス会社?)

ネットワークビジネスメンバーがこのように倍倍々と幾何級数的、
指数的に増えていったら、力点はどんどん支点から遠ざかり、
作用点で発生するそのパワー(報酬)は計り知れません。

ネットワークビジネスは、取扱い製品の流通網を拡大することによって、
永遠に続く権利収入不労所得に繋がります。

この「てこの原理」をいかに上手に働かせるかが成功の鍵となりそうですね。

関連記事:
ネットワークビジネスの「てこの原理」にもデメリット!
・ネットワークビジネスで「てこの原理」が働くとは?



私が展開するMLMビジネスの仕組みをご案内します

マンガネットワークビジネス入門

※音量を調節してご視聴ください

ネットワークビジネスを学ぶには多少の時間がかかります。

しかし、これを「最大の参入障壁」と捉える事が出来る人は

ネットワークビジネスで成功する人です。

短期で稼げるビジネスには落とし穴があります。

あなたは将来にわたる権利収入を得たいとは思いませんか?


動画版人生を変える扉


a:355 t:2 y:0