ネットワークビジネスの相反する2つのイメージ あなたはどっち?

ネットワークビジネスには、
良いイメージと悪いイメージの相反する二つのイメージがあります。

良いイメージの方は、
人から人へ伝えていくビジネス手法が商品を普及するのに絶大な力を持ち、
また携わった人達を幸福にするといった肯定的なものです。

悪いイメージの方は、
「儲かるよ」などと言って身近な人を勧誘し組織に参加させるが、
結果的に経済的な損失や人間関係の悪化を生じさせるといった否定的なものです。

あなたは、どちらのイメージをお持ちでしょうか?

一つのビジネス手法の評価が、
これほど正反対に分かれるのはとても珍しいことです。

ネットワークビジネス

とにもかくにも、
ネットワークビジネスは現在も社会から消えることなく半世紀以上も生き長らえ、
流通産業の一角を占めています。

これは、ネットワークビジネスというものが現代社会において
それだけ存在意義のあるマーケティング手法であることを物語っているのです。

それどころか、「何とかうちも導入できないものか」と多くの企業から
注目を集めているのです。

もし、本当にそんなに悪いものなら、
とっくの昔に消えてなくなってもおかしくないはずですよね。

しかし、この悪いイメージも今はだんだん薄れてきています。

というのは、このビジネス手法を取り入れる企業が少しずつ増えているのです。

実際にネットワークビジネスをやってみればその本質がすぐに理解できますので、
名の知れた一流企業までもが取り入れています。

正しく理解し正しく行うことで何も問題ないことが、
経営者や起業家の間では常識となってきているのです。

ネットワークビジネス

それにしても、既存の流通経路で商品を販売し、一定の利益を上げてきた有名企業が、
あえてネットワークビジネスへ向かうのはなぜなのでしょうか?

それは、このネットワークビジネスが21世紀の社会構造にマッチした
マーケティング手法だからです。

関連記事:
・ネットワークビジネスの相反する2つのイメージ あなたはどっち?
ネットワークビジネスのイメージの悪さを克服する対策とは?



私が展開するMLMビジネスの仕組みをご案内します

マンガネットワークビジネス入門

※音量を調節してご視聴ください

ネットワークビジネスを学ぶには多少の時間がかかります。

しかし、これを「最大の参入障壁」と捉える事が出来る人は

ネットワークビジネスで成功する人です。

短期で稼げるビジネスには落とし穴があります。

あなたは将来にわたる権利収入を得たいとは思いませんか?


動画版人生を変える扉



a:300 t:1 y:1