ネットワークビジネスは、
公務員の禁じる副業にあたるのか?

公務員は、国家公務員でも地方公務員でも副業を禁じられていることは
よく知られています。

でも、私の知人友人の中にはお寺のお坊さんが学校の先生をやっていますし、
農業に従事している消防士さんや市役所の職員もいます。

公務員副業禁止だけど、副業公務員をやるのはOKなのでしょうか。
と、思いたくなりますね。

公務員 副業

難しい話は置いといて、
では、ネットワークビジネス公務員が禁じている副業にあたるのでしょうか?

ネットワークビジネスでも、代理店を出したり小売りをしたりすると、
これは完全に副業とみなされます。

しかし、製品の良さを伝えた場合に発生する報酬(ボーナス)は権利収入であり、
労働収入ではありません。

銀行の預金の利子や、株式の配当、家賃の収入とある意味同じで、
だから問題ないだろうと言う解釈も出来ると思います。

もうずいぶん昔の話ですが、この問題が裁判で取り上げられたことを、
当時のネットワークビジネスのアップ(公務員)から口コミで聞きました。

結果は、「公務員が禁じる副業には当たらない」というもの。

当時のアップ(ほとんど公務員)の方たちは大喜びしていたことを記憶しています。

その後、法律の改訂や現在の副業の定義が変わっていたりしますので、
そのまま現在に当てはめるわけにはいきませんが、

周りの方たちに迷惑になるようなことをしなければ、
細々とやってもいいのではないかと思います。
(あくまでも自己責任で)

すぐに収入が期待できるビジネスではありませんので、
今の内に定年後を見据えて活動されるのが良いかと・・・。

公務員 副業

関連記事:



目からウロコのネットワークビジネス動画セミナー

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して

正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

  • ご希望なら、以下からお申込み頂くと、MLM動画セミナーとフォローメールで、私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをご案内いたします。

semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

動画セミナー

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。


a:1723 t:1 y:1