「ネットワークビジネスの製品は高い」って、本当にそう?

私がネットワークビジネスと初めて出会ったとき、最初に思ったことがあります。

それは、ネットワークビジネスで取り扱っている製品は、
「ちょっと高いのではないか」という疑問です。

しかし、実際に使ってみて1~2か月後には「決してそんなことはない」と、
確信に変わりました。

その背景を探ります。

実は、このような質の良い製品を生み出せる理由については、
ネットワークビジネスのその仕組みが深く関係しているのです。

ネットワークビジネス

流通の仕組みの違い

通常、大手化粧品の企業は有名女優、俳優を使ってCMや広告費をかけてPRします。
たくさんのカタログやサンプルを消費者に配布し、煌びやかな容器と箱に入ってきます。

もちろん豊かさを提供することは大事なので、全て必要なことです。

また、デパートの一階など一等地に店舗を構え、
地代のほかに販売員に固定で給料を払う必要があります。
これもブランドイメージがあるため必要です。

一方、ネットワークビジネスではメーカーと消費者が直接やりとりを行います。
そして、製品を紹介して広めた人に報酬を与える仕組みをとっています。

ですので、ネットワークビジネスの会社は、商社や問屋(中間マージン)を通さず、
店舗なども持ちません。
店舗での販売がないので、地代や固定で給料を払う販売員もいません。

また、たくさんのカタログやサンプルなどに費用をかけず、
器や箱も決して豪華ではありません。

そこでその分を原価に回すことによって高品質な製品を生み出し提供しているのが、
ネットワークビジネスなのです。

天然と合成の原材料の違い

ネットワークビジネスの会社には、
化粧品や健康食品などを扱う企業が多く存在していますが、
その多くは天然植物由来の原材料を使っています。

なぜかというと、天然植物由来の栄養素でないと体内に吸収されないから。
私たちの身体は、合成された栄養素は異物として体外に排出してしまうのです。

ほとんどの消費者は、合成なのか天然成分なのかの見分け方を知らないので、
合成の原材料を使われていても気付きません。

しかも、値段についてもものすごく差があります。

例えば、サプリメントの原料には天然のビタミンCを使ったりしますが、
合成ビタミンC(Lアスコルビン酸)は50mg当たり0.095円なのに対し、
天然ビタミンC(刺梨抽出物)は同じ50mg当たり4.333円だそうです。

原価が40倍以上も違います。

このような天然成分を使用するとき、原価に加え、サンプル費用、高級な容器代金、
CM広告費、商社や問屋や従業員のお給料、さらに店舗に費用をかけてしまうと、
コストがかさみ、かなり割高な定価となってしまいます。

最近では、
「サプリメントや化粧品に関わる原価やCM費用などについて」
を買いた本も出版されていますが、ある本では大手化粧品メーカーの薬用クリームが、
「定価15000円なのに対し、中身の原価は数十円」
「定価3000円のリップの中身原価が数円」
と書いてあります。

このように考えますと、
お得な買い物をするためにはその質を見極める必要があるといえます。

天然成分という高価な原材料を使用し、
高品質な製品を手に入れやすい価格で提供するのが、
ネットワークビジネス製品の魅力のひとつです。

ネットワークビジネス

結論

ネットワークビジネスは、
CMよりもコスト面でのメリットが多い口コミを利用したビジネスモデルです。

CMではなく口コミという合理的な方法を使っているからこそ、
ネットワークビジネスでは高品質の製品を低価格で消費者に提供できているのです。

ネットワークビジネス製品は基本的に、品質の割に安いということです。



ネットワークビジネス成功戦略:無料メルマガ登録

私たちのグループで学んでいる成功マインドやビジネススキルを、
メルマガでご紹介しています。

ネットワークビジネスで本気で稼ぎたいとお考えの方、
無料で購読できますのでお気軽にご利用ください。

ここをクリック


ここで入力いただいた個人情報はメルマガ以外で利用することはありません
しつこい勧誘は一切いたしませんのでご安心ください


a:312 t:2 y:0