大きな夢や野望を持つなら「悪の組織」に見習え!

私が子供の頃、テレビでよく見ていた番組に、
正義の味方のヒーローが悪の組織の親玉をやっつけるというものがありました。
当然、夢中になって見ていました。

先日某テレビ局の番組で、この「正義の味方」と「悪の組織」について、
おもしろい比較分析をしていましたので、ちょっとその内容をご紹介します。

「正義の味方」と「悪の組織」の考え方、行いの比較

その内容は、こちら。

項目正義の味方悪の組織(野望)
考え方、
行い
自分自身の具体的な目標がない
相手の夢を阻止するのが生きがい
常に何かが起こってから行動
受け身の姿勢
単独~少人数で行動
いつも怒っている
大きな夢、野望を抱いている''
目標達成のため研究開発を怠らない
日々努力を重ね、夢に向かって手を尽くしている
失敗してもへこたれない
組織で行動
よく笑う
代表例サイボーグ009
仮面ライダー
ブラックゴースト(世界を支配)
ショッカー(世界征服)

うまく言い当てていて、とても面白いですね。

ショッカー

こう見ると、「悪の組織」の方が夢に向かって
とても前向きに取り組んでいるように思えます。
これはちょっと見習うべきところもありそう。

私が取り組んでいるネットワークビジネスにおいては、
まさに「悪の組織」かなと思います。

大きな夢や野望を持ち、目標達成のために日々努力、
へこたれない、組織で行動、よく笑う等、
ピッタリ一致してしまいます。

ネットワークビジネスだけでなく、会社経営者や独立起業している人たちも、
どちらかというとこの「悪の組織」の考え方、行いをしていると思います。

なんだか「悪の組織」の方が、やりがいがあって楽しそうに思えてきちゃいますね。

一方、「正義の味方」って案外つまらないですね。
「自分自身の具体的な目標がない」上に「相手の夢を阻止するのが生きがい」という、
頑張る人の足を引っ張るというような意地悪な印象を受けます。

ネットワークビジネスで前向きに頑張っている人を、
「騙されている、止めろ」と引き留めている構図に、何か重ねてしまいます。

「悪の組織」に見習う!

子どもの頃は悪を倒すヒーローに憧れていましたが、大人になって視点を変えてみると、
果たしてどちらが悪なのかわからなくなってきました。

夢、野望が「世界征服」などという物騒なものでなく健全なものであれば、
これはもう間違いなく見習うべきです。

「悪の組織」、私はちょっと見直しました。

みなさんは、どう思われましたか?



ネットワークビジネス成功戦略:無料メルマガ登録

私たちのグループで学んでいる成功マインドやビジネススキルを、
メルマガでご紹介しています。

ネットワークビジネスで本気で稼ぎたいとお考えの方、
無料で購読できますのでお気軽にご利用ください。

ここをクリック


ここで入力いただいた個人情報はメルマガ以外で利用することはありません
しつこい勧誘は一切いたしませんのでご安心ください


a:575 t:1 y:1