年金支給開始年齢はどこまで引き上げられる?
どうしたらいい?

当初、年金支給開始年齢は55歳でしたが、一体何歳まで引き上げられるのでしょうか。

年金支給開始年齢はさらに引き上げられる?

みなさんも既にご承知の通り、現在平成12年の法律改正により、
特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の受給開始年齢が、
2013年から2025年にかけて60歳から65歳へ引上げられつつあります。
(男性の場合)

これが、さらに引き上げられるという報告も上がってきています。

財務省からは、
「支給開始年齢のさらなる段階的引き上げ等は避けられない」
との報告書がまとめられています。

諸外国に目を向けてみると、
アメリカでは、2027年までに67歳まで引き上げ、
イギリスでは、いずれ68歳へ引き上げられる予定、
さらにドイツでも、2029年までに67歳へ引き上げられる予定です。

世界的に、年金支給開始年齢は引き上げられる状況です。

我が国は世界一の長寿国であり、
年金支給開始年齢が70歳に引き上げられる可能性もないとは言い切れません。

「日本の高齢者は就業意欲が高く、働けるうちはいつまでも働きたいという者、
70歳以上まで働きたいという者がそれぞれ3割以上いる」
という調査結果も出ているそうですが、本当なのかな?と疑ってしまいます。

年金だけで悠々と生活できるなら、
「もう働きたくはない。好きなことをやらせてくれ!」
と考えるのが普通だと思いますけど・・・

いかがでしょうか?

年金に頼らない老後の生活を考える時にきています。
結局、頼りになるのは自分自身しかいないのです。

年金支給開始年齢

今後、年金制度は維持されるのか

今の50歳代の人たちにとってすら、年金は支払った分が貰えないかもしれません。

高齢化社会になったからといって、
誰もが健康で70歳80歳まで生きていけるわけではありません。

日常生活に支障がない健康でいられる期間、いわゆる健康寿命は、
平成22年度調査では、男性は69.4歳、女性は70.42歳で、
平均寿命までの約10年間は不健康で人の介護が必要な期間、ということになります。

こうしてみますと、70歳以上まで働きたいという人が多いからと言って、
みんなが元気にずっと働けるわけでもありません。

まして、高齢者の方が働く事ができる仕事もあるかどうかわかりません。

もしも将来70歳を過ぎてもまだ働かなければ生活できない状況になったとしたら…
と考えると、末恐ろしくなりますね。

それじゃあ~どうすればいいの?

今から節約して貯蓄する生活に切り替えますか?
高収入の職場へ転職しますか?

思うような仕事が見つかるとは思えませんが・・・。

どうしたらいいかわからない人が、意外に多いようですね。
私はこんな世の中だからこそ、元気で体が動くうちに、
自分の年金は自分で確保しなくてはいけないと思っています。

その解決策の1つが、本業とは別に副業を持つということです。

どんな副業でもよいというわけではなく、
年金のような収入すなわち権利収入を得られる副業がベストです。

何千万円も預貯金があるのであればそれを
・銀行に預けて利息を得る
・株を購入して配当を得る
・賃貸マンションを購入して家賃収入を得る
などの方法があります。

そんな預貯金があれば、苦労しませんよね。

それがなければ、
・売れる漫画を描く
・売れる歌の作詞作曲をする
・売れる小説を書く
でもいいですが、「そんな才能があればとっくにやっている」ですね。

年金支給開始年齢

そこで今、注目されているのがネットワークビジネスです

ネットワークビジネスの収入は権利収入ですので、
自分年金を確保する意味では最適です。

インターネットだけで展開するネットワークビジネスは、
現在本業をお持ちの方でも、主婦の方でも、定年退職して年金をもらわれている方でも、
どんな方でも参加することができます。

自宅でも外出先でも自由に活動できますし、人に会って口コミ勧誘することも、
煩わしいセミナーへ行くこともありません。

1日24時間、365日無報酬で働いてくれる営業マンがいると思ってください。
その営業マンとは、自分が作ったホームページです。

ホームページ作成のためのシンプルな作業をコツコツ積み重ねながら、
少しずつ収入が入るようになる基礎を構築してしまえば、
あとは作業も楽になり収入も徐々に増えていきます。

これならば、隙間時間を利用してどんな方にでも効率よく収入を得ることができます。
ネットワークビジネスというと世間の評判はあまり良くありませんが、
私は決してそんなことはないと考えています。

ネットワークビジネスは、実に合理的で、社会貢献性の高いビジネスです。

何の問題もありません。
毛嫌いしている場合ではないと思いますよ。
ご自身で確かめてみることをお勧めします。



私が展開するMLMビジネスの仕組みをご案内します

マンガネットワークビジネス入門

※音量を調節してご視聴ください

ネットワークビジネスを学ぶには多少の時間がかかります。

しかし、これを「最大の参入障壁」と捉える事が出来る人は

ネットワークビジネスで成功する人です。

短期で稼げるビジネスには落とし穴があります。

あなたは将来にわたる権利収入を得たいとは思いませんか?


動画版人生を変える扉


a:389 t:1 y:1