新規起業して成功したいなら、
ニッチなビジネスを発掘すべし!

みなさんは、「ニッチ」という言葉をご存知ですか?

「リッチ」(rich)ではありません、「エッチ」(H♡)でもありません、
「ニッチ」(niche)です。

最近、ビジネスシーンでよく使われるようになりました。

成功したい

「ニッチ」とは?

「ニッチ」とは、簡単に言うと「隙間(すきま)」や「適所」のことで、
経済分野においては「隙間市場」のことを指します。

これが何を意味するかというと、

①市場規模が小さく、誰も手を付けていない分野
 大企業がターゲットとしないような小さな市場や、 潜在的にはニーズがあるが、
 まだビジネスの対象として考えられていないような分野を意味する。

②大企業が参入しない分野
 大企業は"収益が低い"との理由から「ニッチ」に手を出さないことが多いため、
 主に中小企業やベンチャービジネスが参入し、
 成功すれば確固たる地位を築くことが可能な領域といわれている。

③少々値段が高くても、顧客がお金を出す分野
 市場規模は小さいが、特定のニーズにマッチしたマーケティングを展開することにより、
 顧客はプレミアム価格を容認する(少々価格が高くてもよい)傾向にある。

ということです。

身近な成功例は、コンビニです。

今でこそ24時間営業しているコンビニも珍しくはありませんが、
初めてお店を出した当時は「ハテナ?」とされる分野でした。

しかし、既存の一般小売店やスーパーマーケットによってカバーできなかった
立地・営業時間・品揃えなどをサポートすることによって著しく成長を遂げたのです。

ですから、これから何か新しいことを起業しようとする場合、
いかにしてニッチなビジネスを発掘するか、というのが成功のカギとなるでしょう。

新規起業して成功したいなら、ニッチなビジネス。
なかなか難しいとは思いますが・・・。

既存のコンビニや飲食店などと同じようなことをやっていては、
すでに市場が成熟してしまっているので成功は困難だということです。

起業 成功したい

新時代の情報ネットワークビジネスは、まだまだニッチな起業業種

新時代の情報ネットワークビジネスは、資金的に見れば失敗する原因が見当たりません。

なぜなら、初期投資はほとんど必要ありませんし、毎月の経費もほとんどかかりません。
収入が発生すれば、そのまま利益となる高収益ビジネスなのです。

ただ必要なのは、ビジネス初期段階のあなたの努力と時間の投資!

起業して損はないビジネスです。

新時代の情報ネットワークビジネスのずば抜けた優位性は、
まだまだニッチ「稼げる隙間」だと考えます。

関連記事:



私が展開するMLMビジネスの仕組みをご案内します

マンガネットワークビジネス入門

※音量を調節してご視聴ください

ネットワークビジネスを学ぶには多少の時間がかかります。

しかし、これを「最大の参入障壁」と捉える事が出来る人は

ネットワークビジネスで成功する人です。

短期で稼げるビジネスには落とし穴があります。

あなたは将来にわたる権利収入を得たいとは思いませんか?


動画版人生を変える扉


a:476 t:1 y:1